注目のポストイメージ 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編 900x300 - 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編

2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編

私たちが楽しんできたスロットゲームの幾つかは、改良やアップグレード、すなわち続編が登場してきました。しかし続編の出来はどうでしたか?前作と比べてどのような感じでしょうか?ここでは2つの有名スロットタイトルで、オリジナルvs続編を行ってみましょう。

キャッシュバンディッツvsキャッシュバンディッツ2

注目のポストイメージ 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編 キャッシュバンディッツvsキャッシュバンディッツ2 - 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編

誰もが警官と泥棒によるいたちごっこのストーリーが大好きですが、金庫破りがテーマなものは特に人気があります。キャッシュバンディッツの1作目は、簡単で、楽しく、しかし勝利への道は細く、スリリングでした。

ゲームでは多くのボーナスが発生し、同時に多くの楽しいグラフィックがプレイヤーを楽しませました。警官と泥棒の絵柄はスキャッターになります。もしその絵柄が3つでれば、金庫室ボーナスイベントを引き起こします。

そこでは、押しボタン式の4つの金庫室を開けることに挑戦するのです。プレイヤーは数字を入力し、金庫を開けようと試みます。金庫を開けるとそれぞれ5から90回のフリースピンが手に入り、加えてプレイ内容で変化する倍数ボーナスも手に入ります。

キャッシュバンディッツは1作目も続編も、Real Time Gaming社によって5リール、25ラインとして作成された最先端のビデオスロットゲームです。両社の大きな違いは、グラフィック、特に絵柄です。

繰り返しますが、3つかそれ以上のスキャッターが出ることで、金庫室ボーナスが引き起こされることになります。キャッシュバンディッツ2では、桁数が増え、金庫の数も5つに増えます。金庫破りのためにコードを打ち込むチャンスはほんの数回しかありません。

金庫を開けると、5から90回のフリースピンと、その時のベットの最高17倍の賞金が貰えます。どちらのゲームも同様に楽しいのですが、続編のキャッシュバンディッツ2の方がより高額賞金が期待できます。

ウォーキングデッドvsウォーキングデッド2

注目のポストイメージ 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編 ウォーキングデッドvsウォーキングデッド2 - 2つのオンラインスロットゲームで比較するオリジナルvs続編

Aristocrat社のウォーキングデッドは、拡張するリールや、グレネード、そして内臓が飛び出る演出など色々な意味で盛り上がるゲームで、カジノゲームの賞も受賞しています。ゲームはマックスホイールに群がり、画面を横切るゾンビがフューチャーされたものです。プレイヤーは、何倍にもなる可能性を秘めた多くのボーナスやフリースピンで楽しむことになります。

ゲームは最大75クレジットプレイすることで、全てのボーナスが発生可能になり、同様に大型賞金50万$獲得のチャンスが発生します。このゲームは人気カルトTVシリーズのシーズン1をベースにしているにも関わらず、未だに大きな人気を博しています。

Aristocrat社のこの人気スロットゲームの続編、ウォーキングデッド2は、好評だったホイールやゾンビによるボーナスだけではなく、新しいキャラクターが画面を追いかけまわし、ゲームを盛り上げます。新しいボーナスホイールが幾つか追加され、多くのボーナスに高い倍率が採用されたためより勝ちやすくなっています。

続編におけるグラフィックとイノベーションへの拘りが、Aristocrat社が会社として進化していることを如実に表してします。彼らは実際技術の最先端を行くメーカーであり、ファンを完璧に熱狂させるスロットマシーンを提供できる会社なのです。それは誰にでも楽しめ、良く回り、良く当たるこの続編の出来が証明しています。

我たちには昔熱中したゲームを愛し、それに固執する傾向がありますが、たまには新しく改良されたバージョンをプレイしてみて、ビックリさせられるのもいいものですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です